鈴木 竜  

 

横浜に生まれ、山梨・和歌山・東京で育つ。英国ランベール・スクール卒。在学中、Rambert Dance Companyの全英ツアーにおいてイツィック・ガリーリ振付『A Linha Curva』に出演し全英ツアーに参加。卒業後、Phoenix Dance Theatreに入団、カンパニーに振り付けられた作品のほとんどに主要メンバーの一人として出演。2012年に退団後、ロンドンオリンピック開会式においてアクラム・カーン振付セクションに出演。帰国後、日本を拠点にフリーランスのダンサー・パフォーマーとしてシディ・ラルビ・シェルカウイ、フィリップ・デュクフレ、平山素子、近藤良平、小尻健太、テロ・サーリネン、インバル・ピント/アブシャロム・ポラック、エラ・ホチルド、トリスタン・シャープス、キミホ・ハルバート、夏木マリなどの作品に出演。

また、振付家としても多数の作品を発表しており、ソロ作品『Agnus』は神楽坂セッションハウスより第3回セッションベスト賞を受賞。横浜ダンスコレクション2017コンペティションⅠでは、ソロ作品『BU』で「若手振付家のためのフランス大使館賞」、「MASDANZA賞」、「シビウ国際演劇祭賞」をトリプル受賞するなど注目を集めている。

RYU SUZUKI

 

Born in Yokohama, raised in Yamanashi, Wakayama and Tokyo. Graduated Rambert School in UK. During at Rambert, he was chosen to appear in Itzik Galili's "A Linha Curva" in Rambert Dance Comapany's UK tour. After graduating with first class degree, he joined Phoenix Dance Theatre under the artistic direction of Sharon Watson where he danced works by many choreographers. Since leaving Phoenix, he has been a freelance artist and danced in a section of London Olympic 2012 Opening Ceremony choreographed by Akram Khan. He moved his base to Tokyo and has worked with Sidi Larbi Cherkaoui, Philippe Decouflé, Tero Saarinen, Inbal Pinto/Avshalom Pollak, Ella Rothchild, Tristan Sharps, Motoko Hirayama, Ryohei Kondo, Kenta Kojiri, and many others.

 

As a choreographer, he has created many works and "Agnus"(2013) has won Session Best Prize from Kagurazaka Session House. In Yokohama Dance Collection 2017 Competition1, "BU" has won Prize for young choreographer from French Embassy, MAZDANSA Prize and FITS Award from Sibiu International Performing Arts Festival.     

Photo by satoshi hata

© Copyright 2013 Ryu Suzuki. All rights reserved.